作品

  • アニメ
  • ドラマ・映画
  • バラエティー
  • ミュージック
  • その他

22/7

2016年12月24日、クリスマス・イブ。
応募総数10,325名の中から選ばれた少女たちと、
日本のアニメ界を代表するクリエイターが生み出したキャラクターたち。
それぞれの“彼女たち”の物語が、いま次元を超えて重なり合うーー 。
秋元康 総合プロデュースの新たなアイドルプロジェクトが、いま動き出す。


0から1を生み出す時には、
そこにないもの、まだ見えないものを信じる力が必要である。
22/7は、想像の象徴だ。
どんな意味を持っているのだろう?
答えは、未来にある。

  • NEWS

22/7 デビュー曲「僕は存在していなかった」ミュージックビデオ公開! [ 2017.08.24 ]

アニプレックスとソニー・ミュージックレコーズがタッグを組み、秋元康が総合プロデュースするデジタルアイドル、22/7(ナナブンノニジュウニ)のデビューシングル「僕は存在していなかった」ミュージックビデオを公開!
 
今作のMVを手がけるのは、劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』やカップヌードルCM 「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇」で話題のタツノコプロ。監督に『劇場版 TIGER & BUNNY The Rising』のオープニングアニメーションの絵コンテ・演出を担当し、今年1月に放送されたTVアニメ『亜人ちゃんは語りたい』で初監督を務めた安藤良を迎え、美術監督には『ソードアート・オンライン シリーズ』『攻殻機動隊 シリーズ』の竹田悠介、CGディレクターに『プリティーシリーズ』の乙部善弘と錚々たるクリエイター陣が顔を揃えた。アニメーションキャラクターデザインは引き続き堀口悠紀子が担当している。
 
フル3DCGアニメーションで制作された今回のミュージックビデオ。ダンスシーンはもちろん細かい所作にいたるまで、全編にわたって各キャラクターの動きの基になるモーションキャプチャの収録は専門のダンサーやアクターではなく、なんとそれぞれのキャラクターの担当声優のメンバー本人が担当している。身体にモーションセンサーを装着し、自らが演じるキャラクターの設定と絵コンテから想像を膨らませ、収録は行われた。

担当声優の動き、演技がミュージックビデオ内のキャラクターに反映されるという、フル3DCGアニメーションのミュージックビデオとしては初となるチャレンジによりまさしくキャラクターとキャストが一体化したとも言える「デジタル声優アイドルグループ」22/7ならではの作品が完成した。
 
  

 
 

22/7 Debut Single「僕は存在していなかった」9月20日発売決定! [ 2017.07.22 ]

9月20日に22/7のデビューシングル「僕は存在していなかった」の発売が決定しました!
 

Debut Single「僕は存在していなかった」
9月20日発売
<1万枚限定リリース>
  
 

■完全生産限定盤 Type-A (SRCL9520~1)
CD+DVD+トレカ(キャラクター全8種のうちランダムで1枚を封入)  \1,667(税抜)
<CD>
1、僕は存在していなかった
2、地下鉄抵抗主義
3、未定(11人歌唱楽曲)
4、僕は存在していなかった Instrumental
5、地下鉄抵抗主義 Instrumental
6、未定(11人歌唱楽曲) Instrumental
<DVD>
「僕は存在していなかった」ミュージックビデオ
 
★完全生産限定盤 Type-A封入特典★
「イベント参加券&スペシャルプレゼント応募券」1枚封入
※イベント&スペシャルプレゼントの応募方法など詳細は後日オフィシャルサイトにて発表させて頂きます。
 
■完全生産限定盤 Type-B (SRCL9522)
CD+トレカ(アーティスト全11種のうちランダムで1枚を封入) \1,204(税抜)
<CD>
1、僕は存在していなかった
2、地下鉄抵抗主義
3、未定(11人歌唱楽曲)
4、僕は存在していなかった Instrumental
5、地下鉄抵抗主義 Instrumental
6、未定(11人歌唱楽曲) Instrumental
 
★個別お渡し会開催決定!!★
9月30日(土)都内某所
個別お渡し会に関する詳細は決定次第、22/7オフィシャルHP、forTUNEmusic HP(https://fortunemusic.jp/)にて発表致します。

ページトップへ